ザクセンの3最大炭鉱の内で最も歴史の浅いルガウ・エルスニッツ採掘地区に、年間採掘量が最大100万トンに達したカール・リープクネヒト立抗があります。印象深い産業建造物の他に、特にオリジナルで保存されている技術設備が重要です。

旧「ドイツ」炭坑のぼた山が現在に至るまで、エルツ山地のエルスニッツ景観を際立たせています。ザクセンの産業発展のための石炭需要を満たすために抗は最深 1,200メートルまで掘り下げられました。これによりこの炭坑はザクセンの産業開発のための重要な基礎を築いたばかりでなく、一時は欧州における最深の炭坑となりました。

重要な場所とサイト

エルスニッツ/エルツ山地のカール・リープクネヒト立抗 .

ルガウ・エルスニッツ採掘地区の主採掘抗の一つとしてカール・リープクネヒト立抗(1946年までカイザリン・アウグスタ立抗)は、ザクセンの炭坑の最も重要な立抗の一つでした。 1922年から1933年にかけて進められた近代化において高さ約50mの巻き上げ塔が建設されました。この作業の終了後にこの設備はザクセンにおける最新の立抗設備となり、その様々な技術ソリューションにより国際的にも重要な位置を占めることになりました。年間約100万トンの石炭採掘により、この立抗は採掘量の最も多いドイツの立抗の一つになりました。この立抗は1975年にルガウ・エルスニッツ採掘地区における最後の立抗として閉鎖されました。この立抗上屋の一部は現在、鉱業博物館として観光に利用されています。

ドイツ立抗ぼた山

ドイツ立抗ぼた山はカール・リープクネヒト立抗巻き上げ塔と並び、エルスニッツ/エルツ山地町の更なる象徴です。ドイツ立抗IとIIにより、このぼた山が築かれました。ドイツ立抗Iは1871年から1874年にかけて深さ699mまで堀削され、ドイツ立抗IIは1872年から1877年にかけて掘り下げられました。1877年にこの二つの立抗は深さ663mにおいて結び付けられました。ドイツ立抗ぼた山は1971年に一般公開されました。展望塔が設けられ、エルスニッツ/エルツ山地の遊歩道システムに統合されています。

対話式地図

インフォメーションと住所

Bergbaumuseum Oelsnitz / Erzgebirge

Pflockenstraße
09376 Oelsnitz

電話: +49 (0) 37298/9394-0
電子メール:

www.bergbaumuseum-oelsnitz.de

Öffnungszeiten

Montaggeschlossen (außer an bundesweiten Feiertagen)
Dienstag10:00-17:00 Uhr
letzte Führung 16 Uhr
Mittwoch10:00-17:00 Uhr
letzte Führung 16 Uhr
Donnerstag10:00-17:00 Uhr
letzte Führung 16 Uhr
Freitag10:00-17:00 Uhr
letzte Führung 16 Uhr
Sonnabend10:00-17:00 Uhr
letzte Führung 16 Uhr
Sonntag10:00-17:00 Uhr
letzte Führung 16 Uhr

Stadtverwaltung Oelsnitz/Erzgeb.

Rathausplatz 1
09376 Oelsnitz/Erzgeb.

電話: +49 (0) 37298/380
電子メール:

www.oelsnitz-erzgeb.de

Welterbe Montanregion Erzgebirge e.V.

c/o Wirtschaftsförderung Erzgebirge GmbH

Adam-Ries-Straße 16
09456 Annaberg-Buchholz

tel: (+49) 3733/145 0
fax: (+49) 3733/145 145
e-mail: kontakt@montanregion-erzgebirge.de