様々な時代の証人により、アウエ市がエルツ山地の鉱業と金属加工にどれほど特別な役割を果たしたかを理解することができます。

アウエルハンマー領主家は16/17世紀におけるエルツ山地の製鉄所の記録です。19世紀にここに建設された工場は、ザクセンと欧州における初の洋銀工場でした。銀に似た金属である洋銀の発見により、1823年にエルンスト・アウグスト・ガイトナーがアウエ高級食器製造の基礎を築きました。ここから建設されたウェルナー食器・銀製品工場は、エルツ山地での鉱業事後産業の際立った一例です。

アウエでは採鉱の副生産物として最終的にほぼ真っ白なカオリンが採取されました。「ヴァイセ・エルデン」(白土)鉱山の名称は、この真っ白なカオリンに因みます。オリジナル保存されている鉱夫控室は、約150年間にわたりマイセン磁器マヌファクチャーへの供給者であったこの鉱区の重要な時代の証人です。

対話式地図

インフォメーションと住所

Stadtverwaltung Aue

Goethestraße 5
08280 Aue

電話: +49 (0) 3771/281-0
電子メール:

www.aue.de

Öffnungszeiten

Montag09:00-12:13, 13:00-16:00 Uhr
Dienstag09:00-12:00, 13:00-18:00 Uhr
Mittwoch09:00-12:00, 13:00-16:00 Uhr
Donnerstag09:00-12:00, 13:00-16:00 Uhr
Freitag09:00-12:30 Uhr
Welterbe Montanregion Erzgebirge e.V.

c/o Wirtschaftsförderung Erzgebirge GmbH

Adam-Ries-Straße 16
09456 Annaberg-Buchholz

tel: (+49) 3733/145 0
fax: (+49) 3733/145 145
e-mail: kontakt@montanregion-erzgebirge.de