Jáchymov (ヨアヒムスタール)ほど鉱業と精錬の発展に重要な町は、世界にはほとんどありません。1516年にエルツ山地の急斜面に創立されたこの町は、16世紀にゲオルギウス・アグリコラ(Georgius Agricola)が基礎を築いた鉱業、精錬、鉱物学の学術の生誕地です。1716 年にはJáchymovに世界初の鉱業学校が開設されました。

現在まだ機能するSvornost (統一)抗では19世紀以降、システム的にウラン鉱石が採掘されてきました。1898年にマリー・キューリ・スクウォドフスカが初めてヨアヒムスタール鉱石から放射性物質であるラジウムとポロニウムを遊離しました。 1906年にはJáchymovにおいて世界初のラドン温泉浴場が設けられました。この放射能泉湯は統一抗から汲み取られ、現在でも療養に使用されています。

この町は貨幣鋳造の発展にも非常に重要でした。王室貨幣として鋳造された銀貨は、欧州の近代通貨制度の発展に影響を与えました。いわゆる「ターラー」は現在世界で最も重要な通貨である「ドル」の名付け親です。

銀採掘による高利益は、16世紀前半の Jáchymovにおける後期ゴシック様式とルネッサンス時代の都市と教会建築の比類なき調合体の誕生に貢献しました。特に重要なものは旧王室貨幣、町役場、聖ヨアヒム教会、万聖節病院教会、そして町中心部にある民家です。

Jáchymov周辺には16世紀から19世紀にかけての銀と非鉄重金属採掘期、特に第二次世界大戦後の20世紀におけるウラン採掘期の原料採取と加工の時代の証人となるものが多くあります。

対話式地図

インフォメーションと住所

Montanregion Krušné hory – Erzgebirge, o.p.s.

Farní 2
362 35 Abertamy

電話: +420 603 280 863
電子メール:

www.montanregion.cz

Welterbe Montanregion Erzgebirge e.V.

c/o Wirtschaftsförderung Erzgebirge GmbH

Adam-Ries-Straße 16
09456 Annaberg-Buchholz

tel: (+49) 3733/145 0
fax: (+49) 3733/145 145
e-mail: kontakt@montanregion-erzgebirge.de